ダイソー釣具まとめ

【2019最新版】安くて釣れる!ダイソーの釣り具一覧





みなさん、こんにちは。

昨日、仕事帰りに近所のダイソーへ行ってきました。
そこで、いつもの釣り具コーナーへ行き、一通り売り場に並んでいるルアーやワームなどの釣り具を大人買いしてきました。

今回はどのような釣り具が販売されているのかを紹介しようと思います。

お金をかけずにバス釣りや海釣りをしたいと考えている方の参考になれば幸いです。

 

ブラックバス編(ルアー・ワーム・針・おもり)

ダイソーにはブラックバス専用のルアーやワームなどが多数販売されています。

実際に私もそれらの釣り具を使用してブラックバスを釣ることができています。

過去のブログで紹介しているので、ぜひまた見てください。

それでは早速紹介します。

 

ポッパー

ポッパー

ポッパーとはトップウォーターと言われるルアーの1つです。水面の表層を狙うために使います。
ブラックバスがポッパーに食いつく瞬間は「バシャンッ」と音がするのでとても面白いですよ。

ダイソーのポッパーは1サイズのみの販売ですが、カラーバリエーションは豊富です。

 

ミノー

フローティングミノー▼

フローティングミノー

シンキングミノー▼

シンキングミノー

ミノーとは水面の表層~中層やや下の位置まで狙うために使います。

ダイソーからはフローティングミノーとシンキングミノーの2種類が販売されています。

水中を幅広く狙うことができるので、まずはミノーでブラックバスが水中のどの位置にいるのか(表層or中層)を探り、その後当たりのあった位置に最適なルアーやワームを使うのが良いのではないでしょうか。

そのためにもダイソーのミノーは安いので買っておいて損はないです。

 

フローティングミノーとシンキングミノーの違いとは

フローティングミノーはキャストしても水面に浮かぶルアーで、シンキングミノーはキャスト後自然に沈んでいくルアーです。

 

クランクベイト

クランクベイト

クランクベイトとはリールを巻けば巻くほど深く沈んでいくルアーです。

こちらもミノーと同様ブラックバスがどの位置(中層・深層)にいるのかを探るのに適しています。ミノーよりも深い場所をせめることができるので、こちらも買っておいた方が良いのではないでしょうか。

 

スピナーベイト

スピナーベイト

スピナーベイトは金属板がついており、水中ではキラキラと光るので、小魚の群れを表現するといわれています。

特に風が強くなった場合は波がさらにキラキラ度を増してくれるので、そのような状況にオススメです。

 

ラバージグ

ラバージグ

ラバージグとは先端におもりがついており、ボトム(深層)を狙うのに最適なルアーです。

画像のまま使うことはあまりなく、針の部分にグラブやワームトカゲなどのワームを付けて使うことがほとんどです。
ダイソーにはこのラバージグと組み合わせることができるワームも販売されています。
組み合わせて試してみても面白いと思います。

 

グラブ

ワーム グラブ

グラブはテール(尻尾)をアピールすることでブラックバスが反応するワームです。

ノーシンカー(おもり無し)やジグヘッドをつけるなど、組み合わせ次第で表層~深層まで幅広く狙えます。

ダイソーのグラブはカラーバリエーションも豊富なので、色々なカラーを買ってみて試してみるのも良いと思います。先ほど紹介した、ラバージグとの組み合わせにもオススメです。

 

ワームトカゲ

ワームトカゲ

ワームトカゲもテールがしっかりとしているので、アピールすることでブラックバスが反応するワームです。

このような生き物系のワームはおもりをつけて中層~深層を狙うのにオススメとされていますが、私は以前ノーシンカーで40cmのブラックバスを釣ることができました。

 

タコベイト

ダイソー タコベイト

タコベイトは水中をひらひらと泳ぐように作られています。
先端にマス針をつけて使用するのがオススメです。
錘をつけてチョンチョンと竿先を動かし深層を狙ってみてはいかがでしょうか。

 

ワーム針

ワーム針

ダイソーから販売されているワーム針は2サイズです。

この2サイズがあれば、スピニングリールで扱う多くのワームには対応できると思います。
これはマストで買っておく商品です。

 

錘(おもり)

ダイソー おもり

おもりです。
いろいろな重さが入っています。

ワームを使うときには必要なので、こちらも針と同様マストで買っておく商品です。

 

海釣り編(ルアー・ワームなど)

ダイソーには海釣り用の釣り具も豊富に販売されています。

実際に私も使ったことがありますが、ショアジギングで鯖(サバ)を大量に釣ることができました。

それでは紹介します。

 

エギ

ダイソー エギ 2.5号

▲サイズ:2.5号(約12グラム)

エギとはイカを釣るためのルアーです。

ダイソーの釣り具はエギングにも対応できます。

2.5号(約12グラム)、3号(約15グラム)、3.5号(約19グラム)の3つの重さをダイソーで確認することができました。

▼サイズ:3号(約15グラム)

ダイソー エギ 3号

▼サイズ:3.5号(約19グラム)

ダイソー エギ 3.5号

 

メタルジグ

ダイソーからでているメタルジグは2種類あり、「ジグロック」と「ジグベイト」になります。

▼ジグロック(約18グラム)

ダイソー ジグロック 約18グラム

▼ジグロック(約28グラム)

ダイソー ジグロック 約28グラム

▼ジグロック(約40グラム)

ダイソー ジグロック 約40グラム

▼ジグベイト(18グラム)

ダイソー ジグベイト

メタルジグとは青物(サバやアジ、ブリ、カンパチなど)を堤防や波止から狙うときによく使われるルアーです。なので陸っぱりから遠くに飛ばすためのルアーともいわれています。

私も以前、ダイソーのメタルジグでサバが爆釣しました。

ジグロックは重さが、約18グラム、約28グラム、約40グラム、ジグベイトは18グラムのみダイソーで確認することができました。カラーバリエーションも豊富です。

 

ジグロックとジグベイトの違い

ジグロックはルアーの真ん中部分に重心があり、ジグベイトはルアーの後ろ部分に重心があります。
個人的にはジグロックはリールを巻くだけでなく、リールを巻くのを止めて、フォール(ルアーが沈む)させて魚の当たりを誘う釣り方、ジグベイトは投げては巻いての繰り返しで魚の当たりを誘う釣り方がオススメです。

 

メバル&カサゴ用ワーム

ダイソー メバル&カサゴ用ワーム

マス針などを先端につけて使用するワームです。

個人的にはジグヘッドをつけて、アジングにも向いていると思います。
また、ブラクリ釣りにも使えると思うので、テトラなどのの穴を発見したら深層まで着底させて、根魚を狙ってみても面白いと思います。

カラーは2種類、ダイソーで確認することができました。

 

サビキ用仕掛け&アミカゴ

▼サビキ用仕掛け

ダイソー サビキ用 仕掛け

▼アミカゴ

ダイソー アミカゴ

ボウズのがれとして、泳がせ用の魚調達として使えるサビキ用の仕掛けとアミカゴも販売されています。

サイズはサビキ仕掛けが4号と8号、アミカゴは6号と8号確認することができました。

ルアーやワームでの釣りだけでなくエサ釣りにも対応しています。

 

便利アイテム編

その他、ハサミなど釣りには欠かせないアイテムも販売されています。

 

ハリはずし

ダイソー ハリはずし

うまくフッキングできず、ワームごと丸飲みされて針を外すのに苦労したことも多いのではないでしょうか。
そんな時に手を汚すことなくサッと針を外すことができるアイテムです。
あれば便利ですね。

 

握りバサミ

ダイソー 釣り用 握バサミ

安全キャップ付きでコンパクトなので、ラインを切ったりするのに便利です。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ダイソーにはいろいろな釣り方に対応できる釣り具が豊富に取り揃えられています。

実際にダイソーの釣り具を使用しての釣果は、過去記事で紹介していますので、ぜひお読みください。

こちらのブログは更新用として、今後もダイソーで発見した新しい釣り具を紹介していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。