バス釣り

【ダイソーのワームは安くて釣れる!】ワームトカゲでも40オーバーのブラックバスをGET!





みなさん、こんにちは。今回は下坂本の日吉大社周辺でブラックバスを釣りに行きました。

今回はダイソーの「ワームトカゲ」でブラックバスを釣ることができるのかをテーマに釣りに行きました。

同じダイソーから販売されている「グラブ」では釣果実績をあげることができました。なんとしても「ワームトカゲ」で釣ってみようと思います。

ワームトカゲ▼

ダイソーワーム ワームトカゲ

グラブでの釣果実績の記事はこちら▼

 

今回は下坂本 日吉大社周辺へ行きました。

この釣り場は、琵琶湖で釣りをする方ならかなり有名な場所です。

大きな鳥居があるので、バス釣りをしない方でも知っている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

当日もバス釣りをしている方がちらほらいらっしゃいました。釣れそうなポイントはすぐにいっぱいになるのですが、この日は自分が狙っているポイントには人はおらず釣りを開始することができました。

地図▼

下坂本 日吉大社

実際の釣り場▼

鳥居からも釣れるようですが、私はもう一つの桟橋で釣りをすることが多いです。

桟橋の近くには琵琶湖から流れてくる水でできたため池のような釣り場もあり、そちらも流れ込んでいれば、釣れるそうです。

またこの釣り場から少し歩いた場所には、遠投でブラックバスを狙うことができるポイントもあるようです。

今回の釣果について

釣果ですが、約40センチのブラックバスを釣ることができました。仕掛けはダイソーのワームトカゲに、こちらもダイソーの針(サイズ:1/0)をつけただけになります。この日は風もさほどなく、シンカーをつけなくてもある程度飛ばすことができたので、ノーシンカーにしました。

仕掛けの写真▼

ワーム トカゲ 仕掛け

ワームトカゲのパッケージにも仕掛けの方法が記載されています。自分もその通りに針を通して仕掛けにしました。

釣れたブラックバスの写真▼

ブラックバス

非常に残念ながらワームトカゲが見えていませんが(撮影後気付きました。。。)、ダイソーの針はしっかりとかかっています。

後ろに見えているのが桟橋です。桟橋と湖面は少し高さがあり、抜き上げが難しそうだったので、桟橋から移動しながら釣りました。この時、タモが欲しくなりました。いつかはダイソーでタモの変わりとなるアイテムを探してみようと思います。

サイズを測ってみます。▼

ブラックバス 

40センチともなるとかなりの引きがあり、楽しむことができました。

冒頭でも記載しましたが、今回はワームトカゲで釣果をあげたかったので、目的を達成できてとても嬉しかったです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ダイソーのワームは色々と販売されているようですが、グラブに引き続き、ワームトカゲでも釣果をあげることができました。

100円でここまで楽しめることができるので、やはりダイソーの釣り具は【コスパ最強】ではないでしょうか。

秋のブラックバスは活性もあがり、移動しながら捕食をすると聞いていますので、やはりポイント選びも重要だと思います。

今後も釣果や使用したルアーに加え、釣り場(ポイント)も紹介していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。